こだわり

陶土ができるまで

陶土の製造工程をご紹介します

  • スタンパーによる製造方法
  • ボールミルによる製造方法

ボタンをクリックすると各製造方法へジャンプします。

スタンパーを使った製造方法

粉砕

陶石の汚れを落とし、ブレンドし小さくします。

まず、汚れを洗い落とします。 陶石も産地・鉱脈・切羽・等級によって性質が異なります。 これらを当社の製品それぞれの調合・割合に従ってブレンドします。 その後、ジョークラッシャーで約5センチ以下になるよう粉砕します。

   
 

粗く砕いた陶石をさらに細かくしていきます。

粗く砕いた陶石をスタンパー(杵と臼)でさらに細かくしていきます。粉末状になるまで約11時間かかります。
粉末状になった陶石はブロアで吸い上げ、空気輸送されていったんホッパーへ貯蔵されます。

水簸(すいひ)

撹拌を行います。

粉末状の陶石をベルトコンベアで徐々に 撹拌機に投入していき、水と混ぜ合わせます。

   
 

砂揚げします。

すぐに沈む一番粗い砂粒状のものを かき出します。
これは細かくなりきれなかった陶石なので 翌日以降スタンパーに戻し、再度粉砕します。

 

珪揚げします。

粉末状の陶石をベルトコンベアで徐々に 撹拌機に投入していき、水と混ぜ合わせます。

   
 

沈殿

最後に細かい粉を集め、静かに沈殿させていきます。 この細かい粉が製品=陶土となります。
泥漿状態での細かい粉が沈殿槽いっぱいに溜まるまで2週間~1ヶ月かかります。
溜まった後に次の工程へと進みます。

脱水

泥漿の鉄分を取り除きふるいにかけます。

泥漿を脱鉄機(電磁石)を通し鉄分を取り除きます。
その後、振動ふるい(目開75~90ミクロン)にかけ、 不純物を取り除きます。

   
 

板状の粘土にしていきます。

フィルタープレスにかけてポンプの圧力で水分を取り除き、板状の陶土にしていきます。
およそ2時間前後でできあがります。冬場はもっと長くなります。
排泥鋳込みや圧力鋳込みはこの状態で使用できますよ。

混練

円柱状に形を整え、梱包します。

真空土練機で陶土の空気を抜き、硬さを調節し、円柱状に形を整えます。ビニールで包み完成です。

 

スタンパーを使った製造方法

混合・粉砕

陶石・粘土などの原料を製品ごとの調合割合に従って計量してボールミルに投入し、その後水を入れ、細かく砕きながら混ぜ合わせます。

排出

出来上がった泥漿をポンプでボールミルから吸出しタンクへ圧送します。

脱水

泥漿の鉄分を取り除きふるいにかけます。

泥漿を脱鉄機(電磁石)を通し鉄分を取り除きます。
その後、振動ふるい(目開75~90ミクロン)にかけ、 不純物を取り除きます。

   
 

板状の粘土にしていきます。

フィルタープレスにかけてポンプの圧力で水分を取り除き、板状の陶土にしていきます。
早い製品で1時間半、長いもので4時間半以上かかります。冬場はもっと長くなります。
排泥鋳込みや圧力鋳込みはこの状態で使用できますよ。

混練

円柱状に形を整え、梱包します。

真空土練機で陶土の空気を抜き、硬さを調節し、円柱状に形を整えます。ビニールで包み完成です。

 

配達

地元のお客さんには自社トラックでお届けしています。



ページ上部へ